京都滋賀で注文住宅を建てるなら一級建築士事務所KEIJI

デ ザ イ ン

KEIJIが設計する家は採光・家事のしやすさ・機能的な収納など
生活を豊かにするデザインが詰まっています。

採光・通風・自然の恵みを活用

吹抜けの役割
「吹抜けは寒い」というイメージはありませんか?現代の高気密・高断熱住宅では、吹抜けのおかげで家中を効率よく暖めることが出来ます。

吹抜けは、日の当りにくい一階へ、ひだまりを届けてくれます。そして、空間に広がりと開放感をもたらす特別な存在でもあります。間取りをひと工夫することで得られる、ちょっと特別な存在である吹抜け空間を、KEIJIではおすすめしています。
吹抜けの役割
風通しを考えた窓の配置
対面に窓を設けることで、さわやかに風が通りぬけていく部屋に、ひと部屋に窓を2か所以上設ければ、風の通り道を作れます。吹抜けの上部に窓があると、温度差を利用して効率よく換気できます。
風通し間取り図
風通しを考えた窓の配置

デザインだけじゃない、機能面も配慮した設計

どこに何をどう仕舞う?収納力の確保!
買い置きの食品、ベビーカー、掃除機、トイレットペーパー等・・・。収納したいものはたくさんありあます。
日頃の過ごし方をヒアリングして、出来るだけたくさんの収納を確保できるようにしています。
どこに何をどう仕舞う?収納力の確保!
家族を見守るキッチン
キッチンから部屋を見渡せる位置にレイアウトすれば、家族の様子を見守りながら、毎日のお料理に取り組めます。さらに水廻りをまとめて、家事動線を短くなるよう工夫すれば、毎日の移動が楽になります。
家族を見守るキッチン
狭小住宅・変形地
「前面道路が狭く、入り組んでいる」「隣家とスレスレの敷地」「間口が狭い」「連棟の建て替え」など、狭小地での施工にも自社施工で施工費を1割アップ~とコストをなるべく抑えて対応しています。
狭小住宅・変形地

断熱材比較表

子供部屋はフレキシブルにカラフルに
子供部屋は、お子さまが小さいうちはフリースペースとしておいて、個室が必要な年齢になってから間仕切りをつくるというのも、ひとつの手です。また、自分の好きな色の壁紙(クロス)を選んで個性を引き出すのも人気です。
mail
ロフトは大人の隠れ家!お篭り族、急増中?!
小屋裏空間を利用したロフトは最近、大人の趣味スペース「お篭り空間」としての利用が人気です。天井高さに制限のあるこぢんまりした空間で、落ち着いて過ごすのも、たまにはいいですね。
ロフトは大人の隠れ家!お篭り族、急増中?!
やっぱり欲しい和室
お子さまのお昼ねスペースやゲストルームとして、和室はやっぱり、ひと部屋あると重宝します。リビングとつながりをもたせたレイアウトにすれば、部屋をより広く感じられます。
やっぱり欲しい和室

KEIJIの家づくり