京都滋賀で注文住宅を建てるなら一級建築士事務所KEIJI

性 能

KEIJIの建物は快適な住まいを目指して
常に施工方法やより良い製品検討し取り入れています

高気密・高断熱

高気密・高断熱のメリット
高気密・高断熱住宅は、家の気密を高めることで外気からの空気を入れないようにし、そして中の空気を外に逃げないように施した住宅です。そのため、夏は冷房で冷えた空気を逃がしにくく、冬は暖房で温まった空気を逃しにくくなるため、冷暖房の効率が良くなり吹き抜けのある広い空間でも、少ない電力で過ごせます。また、急激な温度変化も少ないため結露しにくく、ヒートショック等の心配も少なくなります。
高気密・高断熱のメリット
セルロースファイバー
「セルロースファイバー」とは、新聞紙をほぐした紙の繊維でつくられる素材のことをいい、私たちは住宅用断熱材として使用しています。セルロースファイバーは木からつくられる紙でできた自然素材で、その上、製造から廃棄までのエネルギーが他の断熱材と比較して最も小さく、環境を配慮した「地球に負荷のかからない」エコ断熱材といえます。

セルロースファイバーは、様々な太さの繊維が絡み合い、空気の層をつくることはもちろん、1本1本の繊維の中にも空気胞が存在しています。この空気の存在がいっそう熱を伝えにくくしているうえに、木質繊維特有の吸放湿性を持っているので、適度な湿度を保っています。このように、セルロースファイバーは断熱材としては希な、「断熱性能」と「吸放湿性」の両方を兼ね備えた「呼吸する究極の断熱材」といえます。

また、素材にホウ酸を含ませているので「防虫」効果や「防音」の効果にも優れています。
セルロースファイバー
開口部 全ヶ所 高気密・高断熱サッシ
窓の断熱性能は、外壁の断熱材と同様に最も重要な性能です。KEIJIでは、結露に強い樹脂とアルミの複合サッシを標準で採用。ご要望に合わせて、各サッシメーカーの樹脂サッシやトリプルガラスにも対応しています。
開口部 全ヶ所 高気密・高断熱サッシ

最新システムを取り入れながら、
お財布にもやさしい

お湯式床暖房
お湯式床暖房は、部屋の空気をやわらかく温めてくれます。床面積の7割以上の敷設と高性能断熱材の組み合わせなら、主暖房として十分活躍します。吹抜けがあるお家は2階まで温まるほど。さらにエコキュートなどの省エネ給湯器の使用で光熱費もお得に。省エネで安全性にも優れた暖房器具です。
お湯式床暖房
太陽光工発電システム
急速に普及拡大が進んでいる太陽光発電。KEIJIはソーラーフロンティアの販売店と施工店を兼ねているため、1kW当り10万円台での設置が可能です。

新築なら特に、あらかじめ南面の屋根を広く設計することで、効率よくパネルを設置できます。エコなだけでなく、実際に高熱費を削減できることが何よりのおすすめポイントです。
太陽光工発電システム
ペレットストーブという選択
暖炉のように炎で癒され、ストーブのように手軽に設置可能なペレットストーブ。日常にひと手間加えることで、特別な味わいを楽しめるストーブです。

また、環境に優しいエネルギーとして、京都府でも京都市や宇治田原町などで、木質ペレット購入の方への補助金制度が実施されています。
ペレットストーブ

KEIJIの家づくり